読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sternhimmel

裏声Pがシンデレラガールズのアイドル(主に岡崎泰葉)について考えたり雑な感想を言ったりするブログです。Twitter:@usagoe716

第5回総選挙・岡崎泰葉の投票セリフが果てしなく熱い。

※本記事は、総選挙開始日にパスワード付きで公開したものの修正版です。

 

 2016年4月7日15時より、モバゲー版アイドルマスターシンデレラガールズにおいて「第5回シンデレラガール総選挙」が始まりました。もう恒例行事ですね。

 そして4月18日、中間発表が行われました。予想通りだなあというところもあれば、予想外の歓び、また悔しさもあります。
 そして総選挙は順位で盛り上がるのは当然ですが、たくさんのアイドルの担当Pが、自分の担当アイドルを売り込む姿が見られるというのが私の好きな点です。これはまさにプロデュースであり、自分の担当アイドルを売り込むことももちろん、ほかのアイドルの魅力を知ることができる良い機会だと思います。

 それはさておき。

 全世界の方に読んで欲しいほど、岡崎泰葉の投票時セリフは素晴らしいものだったのです。この記事を最初に公開したときはまず担当Pに…という思いでしたが、今度は泰葉P以外にも見て欲しいのです。

 まず軽く岡崎泰葉について説明すると、元子役・元モデルのアイドルです。16歳で、デレステでは「芸歴11年」と言われていました。今までは大人たちと仕事をして、自分のやりたいこともできず、周りに言われるまま笑ってきた。けれど、アイドルになって、本当の意味で笑顔になれる、自分らしく輝ける場所が見つかった。そういうアイドルです。


 ※ただしこれは私個人の感想であり、誰かに押し付けるものではありません。真面目な考察ではないので、軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。

 ここで全文を載せておきます。
…あんなに高い場所なのに、【P名】さんは必ず届くと信じてくれる。なら、私は…!どうか、最後まで見ていてください!

 『あんなに高い場所』というのは、シンデレラガールであり、同時にトップアイドルのことを指していると考えられます。そして、高い場所というワードに私は思い当たることがありました。それは星です。星は、今の私たちから見てとても高い場所にあるもの。そして星と言えば、岡崎泰葉の初めての上位SRイベントであるアイドルLIVEツアーinスペースワールドのカード名が「プラネットスター」。特訓前はプラネタリウムで星を見上げる泰葉が描かれています。
 このプラネットスター特訓前の親愛度MAXコメントに、「○○さんが見ている星と、私が見ている星…同じだったら嬉しいです。私、プロデューサーと一番の星を目指したいから…」とあります。この「一番の星」は前述の『あんなに高い場所』と同じく、トップアイドルのことでしょう。
 プラネットスターの時点では、泰葉にとってプロデューサーと自分の目標が同じなのかどうかということについて若干の不安(という言葉は言いすぎかもしれませんが、若干のズレがあるかもしれないというニュアンスでしょう)があったようです。けれど、いまの泰葉からはそれを感じません。

プロデューサーの目標は岡崎泰葉をトップアイドルにすることであり、岡崎泰葉の目標はプロデューサーと共にトップアイドルになること。そういった強い意志が感じられる言葉だと思います。

 さらに、「必ず届くと信じてくれる」。「信じる」というワードは、岡崎泰葉にとって重要なものです。初期Rのプロフィールコメントを引用しましょう。「華やかなだけの世界じゃないって分かってる…でも私たちならやれますよね。プロデューサーも私を信じてくれますか?」。岡崎泰葉がアイドルになるためには、彼女自身の力を信じてくれる人がとにかく必要だったのです。だから、岡崎泰葉のプロデュースはお互いの信頼を高めることに重点を置いているといっても過言ではありません。そしてそのようなプロデューサーの思いが、確かに伝わっているということを確信できるのがこのコメントでした。

 そして、「なら、私は…!
 最後まで言いきらないところが、泰葉らしいのです。泰葉は今までのカードでも、最後まで言いきらないセリフを多く持っています。このあとに続く言葉は、それぞれのプロデューサーが自分に一番欲しい言葉を補っても良いのだと思います。きっとそれが、正解です。泰葉は、最後まで言いきらずともプロデューサーは私をわかってくれている、私を信じ続けてくれる、そういう思いを持っているのではないでしょうか。

 さらにさらに。「どうか、最後まで見ていてください!
 最後まで、というのはおそらくトップアイドルになるまで、ということだと思います。今の泰葉にとって、最終目標はトップアイドルなのだから当然です。けれど、彼女が「トップアイドルになった」ということを実感したとき、彼女はここが最後ではない、と知ることになると思います。アイドルに終わりはありません。トップアイドルになってからも。ただそれは今彼女には言う必要のないことなのでしょう。泰葉は聡い人です。道を歩んでいく上で、学んでくれる。だからプロデューサーは、その姿を隣で見て、信じていればいい。

 その強さが、岡崎泰葉の強さです。
 アイドルになる前の彼女の経歴のせいか、テーマパークサバやひな祭りのせいなのか、彼女を語る上で「依存」などという言葉を出されることもよくあります。それを否定するつもりはまったくなく、相互依存関係にある泰葉とプロデューサーという世界も多々あると思います。けれど今回の投票セリフに限っていえば、これは依存関係ではないと言い切れるような気がしているのです。岡崎泰葉は、しっかりと自分の足で立っている。歩んできている。その隣には、私たちプロデューサーがいる

 そうして、彼女は自分が歩んできた道を振り返りながら、シンデレラガールというひとつの星に向かって走り出そうとしています。私たちはただ、それを信じて、応援するのみです。

 今回の結果がどうなるかはわかりません。当然どのアイドルにもたくさんの歴史や背負う思いがあります。甘いものではありません。それは、岡崎泰葉自身が一番知っていることのはず。けれど私は彼女を信じています。泰葉が私を信じてくれるように。それが岡崎泰葉のプロデュースだと、強く考えさせられるセリフでした。本当に素晴らしく、嬉しかったです。

 岡崎泰葉と、めざせ、トップアイドル!