読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sternhimmel

裏声Pがシンデレラガールズのアイドル(主に岡崎泰葉)について考えたり雑な感想を言ったりするブログです。Twitter:@usagoe716

いち岡崎泰葉Pから見るGIRLS BE NEXT STEP

今更!?というお声が聴こえそうですが、岡崎泰葉PとしてGIRLS BE NEXT STEPについての喜びをしたためたいと思います。

まず簡単にGIRLS BE NEXT STEP(以下GBNS)について触れておきましょう。GBNSとは名前の通り、「GIRLS BE」という関裕美・松尾千鶴・白菊ほたるからなるユニットのいわゆる発展形として登場したユニットです。

「GIRLS BE」のメンバーはそれぞれ、自分に対するコンプレックスの存在をアイドルとして乗り越え、『彼女たちは何にでもなれる』といったニュアンスを含んだユニットだと思います。「GIRLS BE」としては第15回ドリームライブフェスティバル(2015年9月30日)として登場したのみですが、根強い人気がありました。

そうした中、2016年9月に行われた新宿駅プロムナード内の「デレステジャック」にて、LED画面にこの「GIRLS BE」に岡崎泰葉を加えた4人のぷちデレラが踊る映像が登場しました。それにより、「運営側はこの四人をひとつのユニットとして見てくれている?」といった思いが感じられ、TLを賑わせていました。

 

そして登場するのが、[ガーリーポッシブ]岡崎泰葉です。

このカードは、特訓前は事務所で集合し「友達」と遊びにいき、特訓後はピンクの衣装で「仲間」「みんな」とステージに立つというものでした。

ですがカード内ではその「友人」と「仲間」の具体的な名前は出てくることがなく、担当Pが各々想像したり、また「GIRLS BE」担当Pが「これはもしや」と思っていたりしたものです。

その予感は的中しました。2016年9月17日更新のシンデレラガールズ劇場第772話「お願い泰葉先輩!」にて、[ガーリーポッシブ]岡崎泰葉とともに「GIRLS BE」のメンバーが登場することとなります。内容はこの四人がオフで遊ぶことになり、泰葉が「お仕事ばかりだったからこういうのあまり知らなくて」とほか三人に普段どうやって遊んでいるかを聞くものの、三人も意見をうまく言えず結局泰葉"せんぱい"のもとに戻ってきてしまう…というものです。

ですがこの時点ではこの四人がユニットかどうかという明確な情報はなく、「友人として遊んでいるだけ」「今後ユニットになるけどまだ出てきていない」「いっそここに誰かが加わって五人ユニットになる」といったさまざまな意見が飛び交います。

その正解は、第24回ドリームLIVEフェスティバルで明らかになります。

第2ラウンドで岡崎泰葉・白菊ほたる・関裕美の3人が「GIRLS BE NEXT STEP」がとして登場しました(おそらくこのユニットは松尾千鶴も含めているでしょうが、デレマスのライバルユニットの都合上三人のみの登場です)。

セリフはそれぞれ三人の担当Pさんにも強く感じるものがあり、まさにGBNSらしさといったものを体現していました。しかしここで泰葉Pとして注目すべきは、14歳の関裕美が16歳の岡崎泰葉に敬語で接していないところだと思います。

岡崎泰葉というアイドルは元有名子役であり、芸歴もデレステでは11年と言われています。そのため周りから敬遠されたり、気を遣われたりする経験もあったでしょう。

ぷちデレラの~Lv10コメントでは

「子どもの頃からお仕事ばかりで、友だちもできなくて…。そのことは、少し後悔しています」

また~Lv30コメントでは

「同い年の子たちから、いろいろと相談されるんです。私って、そんなに大人っぽいのかな?」

「優等生でいなくっちゃって気を張ってたけど…今は自然に振る舞えてる気がします」

とあります。

つまり岡崎泰葉は、小さい頃から「友達のいない自分」に対してのコンプレックがあり(もちろんその分のお仕事をしてきたから当たり前であり、それを望むのはプロではないといった思いもあると思います)、また気の置けない友人の存在を望んでいたと考えられます。

しかしそれを今読んでくださっている皆さんに置き換えてみてください。小さい頃からテレビに出て、知名度もある子役だった女の子が自分と同級生だったとして。何も考えず、遠慮なく友人として付き合う。それが如何に難しいかということは、想像に難くないと思います。

けれど、それを「年下の」関裕美ちゃんは、こなしてくれています。もともと関裕美ちゃんは敬語をあまり使わないアイドルで、それは年上のアイドルやプロデューサーに対しても同じです。ただそれを、同じように岡崎泰葉にも適用してくれた、ということが関裕美ちゃんのすごいところだと思います。

彼女の中でも一切葛藤がなかったとは言いません。むしろ、考えて、あのような口調をしてくれた可能性もあると思います。そしてきっと岡崎泰葉はその葛藤をくみ取った上でそれを喜び、受け入れているとも。

[ガーリーポッシブ]岡崎泰葉のセリフを見てみましょう。

「事務所の友達と一緒にお出かけ…こんな日が来るなんて。今朝は早起きして、オシャレしてきたんです」

「期待で、よく眠れませんでした」

「ひとりじゃないって、幸せです」

岡崎泰葉はとても真面目です。お出かけのために早起きをしたり、お出かけのためにおしゃれをする。そういう子です。

そして岡崎泰葉は、普通の女の子の経験してきたことを「アイドル」を通して初めて経験する、というストーリーの基軸があります。

(詳しくは下記の記事に書いてありますのでぜひ!)

usagoe716.hatenablog.jp

そしてその「普通の女の子になる」というストーリーに不可欠なのが同じくらいの年齢の友人の存在でした。今までイベントやライバルユニットで多くのアイドルと交流はしているのですが、年齢の近いアイドルと交流をし続けたことはありません。またアイドルトークがなかったりと、岡崎泰葉の友人を渇望する声は以前よりありました。

それを叶えてくれたのが、GBNSです。

しかも、ただ同い年ではなく、年下のアイドルが自分に対してフラットに接してくれている。岡崎泰葉にはなかった経験です。

岡崎泰葉は、才能があると思っています。何の才能かといえば努力の。チョコを作るため、うまく作れるまで帰らないだとか、ただレオタードを着た撮影のために一通りの新体操を練習してみるだとか。

しかしそれだけでカバーできないのが「実際の体験」と「その体験から得た感情」です。大なり小なり思い当たるところがあると思いますが、人間は体験から成長する生き物ですよね。岡崎泰葉は確かに普通の人では経験しない世界を生き抜いてきましたが、対して「普通の女の子」としての経験値が足りなかったのです。

おそらくそれは、デレマス作中のプロデューサーも思うところがあったのでしょう。そうして持ってきたのが、GBNSとしてのお仕事だったのではないでしょうか。つまり、「普通の女の子」としての岡崎泰葉は、アイドルとしての岡崎泰葉を成長させてくれる存在なのです。

単に「友人と接して楽しかった、仲間ができたんだね。良かったね」ということだけでなく、岡崎泰葉が「次の一歩」すなわちNEXT STEPを踏みしめるためには、関裕美ちゃん・白菊ほたるちゃん・松尾千鶴ちゃんが必要だった、ということ。

もちろん、GBNSは岡崎泰葉が中心のユニットとは思っていません。ほか三人についてもこのユニットあるいは関係性はターニングポイントのひとつであり、重要なのだと思います。ただ、それは私ではなくほかの担当Pさんにお任せして。

ここで、初心に戻って。岡崎泰葉の初期Rのセリフを見てみましょう。

「大丈夫、一人で出来ますから」

「ステージには慣れてるから平気よ」

「今更私が○○プロデューサーに教えて貰うことなんて…?」

この言葉に、嘘はありません。岡崎泰葉は確かに子役としてはステージに慣れていたし、下手なプロデューサーより多く現場を踏んでいます。しっかりもので、真面目で、一人で出来ることがたくさんあった。

けれどそれは表面的な「出来ること」でしかありませんでした。アイドルとして輝くため、彼女に必要なのは、物理的な仕事の知識ではない。「いままで出来なかったこと」をパズルのピースをはめるように探していくことが、岡崎泰葉の今までの歩んだ道だったのではないでしょうか。

そして、GBNSというピースは、トップアイドル岡崎泰葉を完成させるために、またひとつ置かれました。完成はまだ遠いかもしれません。それでも確実に、近づいている。

岡崎泰葉が出会ったGBNSという輝ける場所は、しっかりと道を続かせ、過去から未来を繋ぐひとつの架け橋になりました。

GBNSを経て、これから彼女の見るであろう輝きが、今まで以上に楽しみになりました。本当に、Pとして幸せなことだと思います。

そして!このキーポイントとなっている[ガーリーポッシブ]は恒常ガチャに追加予定です。岡崎泰葉はじめての恒常Rです。ぜひ、ぜひ、何卒、お迎えしてみてください。今この時期に、これを読んでくださったあなたに。岡崎泰葉の「次の一歩」を想像してみて欲しい。そう強く強く願いながら、筆を置きたいと思います。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

16.10.11 裏声P