Sternhimmel

裏声Pがシンデレラガールズのアイドル(主に岡崎泰葉)について考えたり雑な感想を言ったりするブログです。Twitter:@usagoe716

#1億崎 を終えて思うこと

こんばんは、裏声です。

今日は岡崎泰葉の誕生日!本当におめでとう。

一昨年よりも去年、去年よりも今年、と泰葉を祝ってくれる人が増えるのを実感していて、本当に幸せです。

 

さて、このたび私が企画させていただいた「デレステで岡崎泰葉のファン数1億人を目指す企画」通称「1億崎」が無事に結果発表と相成りました。

簡単に言えば、岡崎泰葉の誕生日までに、複数人で岡崎泰葉のファン数を合計して1億人を越えられるように頑張ろうという企画です。最低100万人からというノルマを定めた「ノルマ有り参加」と、1人からでもかまわない、ファン数スクショを撮って #1億崎 というタグをつけてツイートするだけの「スクショ参加」の2つの方法を取りました。

結果として、1億という数字を大幅に超え、2億590万6504人のファンが集まりました。内訳としては、ノルマ有り参加が1億336万674人(31名)、スクショ参加が1億254万5830人(446名)となっています。

主催として言ってしまうのも何ですが、企画としては大成功に終えられたと思っています。単にダブルスコアを達成したからではなく、500人近く参加してくださったということが大きいです。

 

企画に着想したのは昨年の12月中旬でした。岡崎泰葉の誕生日までに何か出来ないかな、と考えていたところ、当時誕生日だったアイドルを祝うため1000万人のファンを一人で集めたプロデューサーさんをお見掛けしました。

そしてそれについて、別のフォロワーさんが冗談めかしく「1億目指してみたらどうですか」と声を掛けてくださったことが大きなきっかけです。

初めは1000万人集める人×10人でやろうかな?と考えていたのですが、当時私の知っている泰葉Pさんにはあまりファン数稼ぎに熱心な方はおらず、担当Pだけで達成するのは難しいのではないかと思いました。また、担当Pだけでやってしまうと、どうしても内に向いた活動(強く言うと、内輪だけで完結した活動)になってしまいます。

そうして考えたのが、2つの参加方法を取ることでした。普段から泰葉のことが好きで、大きな単位でのファン数稼ぎが苦ではない方とは「ノルマ有り参加」。泰葉についてはよく知らない方でも気軽な気持ちで参加できる「スクショ参加」。この双方から、共通した「1億人」という分かりやすい数字での目標を目指すことによって、担当Pだけではおさまらないものになるのでは?と考え、企画をスタートしました。

「1億崎」という名前も、分かりやすく、覚えやすく、岡崎泰葉を連想できるようにしつつ岡崎泰葉サーチに毎回引っ掛かってしまわないように考えてつけました。

スクショ参加だけでなく、ノルマ有り参加の方であっても義務ではなく楽しく参加できるように、ルールなどはなるべく作らないように心がけました。

 

ですがそもそも岡崎泰葉は、初期実装は月末ガシャ排出の恒常レア(回復型)、それから4か月後のキャラバンでの限定Sレア(スコアアップ)と、入手方法が限られているだけでなく特技から見てもユニットに入りづらいアイドルだと思います。

当時のキャラバンを熱心にプレイされていた方であれば、スターランクを15まであげている方が多かった、ということは救いでしたが、それでもパレードやアタポン上位☆15のシステムが出来たことで、スコアアップの下位SRは使う機会がどうしても減ってしまっています。

それを、この企画をやることによってキャラバン中の1日だけでも使ってもらえないだろうか?メモリアルコミュだけでも見てもらえないだろうか?と考えていました。

ただ、現実としては簡単なものではなかったと思います。

初めにノルマ有り参加者さんからお聞きしたノルマの合計は8000万程度でした。それを達成していただいたとしても残りは2000万、メモリアルコミュ4まで解放できる2万人のファン数を集めている方ですら1000人も必要です。

それなのに、スクショ参加の方はなかなか集まりませんでした。どうしても私が簡潔に説明することが苦手で、告知画像の文章が長すぎたり、そもそも期間が7月までと長すぎたり、などさまざまな原因があったと思います。

そして、7月6日。誕生日があと10日と迫った時点で、ファン数合計は8037万人。スクショ参加の方は50人以下でした。1億崎自体の知名度もそこまで広まっておらず、あと10日しかないのに2000万人も本当に集まるのか、本当に不安でした。

 

ですが、この岡崎泰葉誕生日にちょうどキャラバンイベントが巡ってきました。前述の通り、岡崎泰葉はスターランク15にされている、もしくはされていた方がいます。それにより、1億崎も注目の機会を得ることが出来ました。

「前までは使ってたのでそこそこファン数あった」「キャラバンでちょうどいいから使ってみる」「コミュ解放できるまでは泰葉ちゃん使ってみる」「初期に回復Rとしてお世話になったので」エトセトラ、本当にたくさんのお声をいただきました。

※cha73さんに1億崎関連ツイートを纏めていただいておりますので、そちらからメッセージを見ることが出来ます!ぜひどうぞ→

#1億崎 【岡崎泰葉ファン数1億人を目指す】 7月16日誕生祭への軌跡 - Togetterまとめ

不安に思うことはたくさんありましたがまったく知らない方からも「岡崎泰葉が好き」「頑張って」という言葉は本当に支えになりました。

プロデューサーとして、他の担当Pさんがどのように岡崎泰葉と関わってくださっていたかを、1億崎のタグを通して見ることが出来たのです。キャラバンで使ってくださっていたことや、親愛度をあげてくださったこと、主戦力にしてくださっていたことなど、本当にたくさんのPさんのフロントでライブをしている岡崎泰葉の姿がありありと見えてきて、集計をしながら涙ぐんだことも多くありました。

岡崎泰葉は選挙入賞経験がありません。まだボイスもありませんし、デレステでのSSRもありません。だから、岡崎泰葉という存在の認識は本当に狭い世界の中だけなのでは、と感じてしまうことも無くはありません(勿論私の最高のアイドルですけどね)。

それが、決してそうではなく、SSRやボイス付きのコミュとは違う場所ではあっても、確かに輝いていると認識できたことがこの企画の大きな意味になったと思います。

そして、普段そこまで岡崎泰葉に触れていなかった方でも、企画を見かけたからとフロントに入れてくださったり、モバマスのフリートレードを使ったり、贈り物に眠っていたRの親愛度をあげてくださったりなど、挙げていけばキリがないほど嬉しい泰葉との接触をしてくださっていました。

ツイッターでも言いましたが、この企画にスクショ参加してくださった方のほとんどは岡崎泰葉の担当Pではありません。この企画が、泰葉Pと泰葉を繋ぐだけでない、誰かと泰葉を繋ぐ架け橋になったはず、と実感できて本当に良かったです。

 

もちろん、この企画によって岡崎泰葉の知名度がぐんと上がったというつもりはないですし、事実としてそんなこともないのでしょうが、それでもRT等でちらっと見かけた方が「そういえば泰葉のファン数2億人集まったんだっけ」とちょっと思い出すことが出来るような何かになっていたら嬉しいな、と思います。

最後に、ノルマ有りで参加してくださったみなさま、スクショ参加をしてくださったみなさま、RTやfav等拡散に協力してくださったみなさま、半年間の企画告知に付き合ってくださったフォロワーさま、そして企画を手伝ってくださったみなさま……私1人では到底達成し得なかった企画です。本当にありがとうございました!

岡崎泰葉がさらなるステージへ進めるよう、これからも頑張りたいと思わせてくれる企画になりました。

 

 

そして私も1人1億崎が出来るようにこれからもデレステを頑張ります。
ちなみに企画発足当時のファン数107万人、終了時1122万人でした…先は長いぞ!

 

2017年7月16日 裏声P