読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sternhimmel

裏声Pがシンデレラガールズのアイドル(主に岡崎泰葉)について考えたり雑な感想を言ったりするブログです。Twitter:@usagoe716

岡崎泰葉はどうしてアイドルになったのか?

アイドルマスターシンデレラガールズというコンテンツにおいて一人のアイドルを語るとき、まず考えなければいけないのは彼女たちが「アイドルというものを目指すきっかけ」を何処で手に入れ、どうしてアイドルの世界に身を置いたか、ということだろうというのが私の考えです。

アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」第1話でも、アイドルという不透明なものに対する漠然とした不信感をあらわにする渋谷凛に対して、アイドルというものにきらきらとした憧れを強く抱く島村卯月が、自分にとってのアイドルについてを語りました。それによって渋谷凛はアイドルになるということに対して背中を押される、というのが第1話の流れです。

それでは、岡崎泰葉はどうしてアイドルになったのか

これを考えるにあたって、そもそも彼女がどういう立場であったのかということは必ず考えなければいけません。

シンデレラガールズのユーザーならおそらくほぼすべての人が知っていることでしょうが、岡崎泰葉はシンデレラガールズのアイドルとして初めて芸能界に立ったわけではありません。幼少の頃(はっきりした時期や当時の年齢などは明かされていません)からモデル業をしていた、芸歴の長いアイドルです。

ただ泰葉の過去についてはこの記事ではあまり取り上げないでおこうと思っています。語るべきことが多すぎて、横道に逸れてしまうためここでは割愛。

では、小さい頃から芸能界に属していながらどうしてわざわざアイドルを目指したのでしょうか。

まず、岡崎泰葉は自らの過去である「モデル業をしていた自分」をプラスに受け止められていない、という前提が必要になるでしょう。アイドルプロデュースに出演した際のエンドレスプロデュースで、以下の台詞がイベント発生としてあります。

アイドルは…私の憧れでした。いつも明るくて楽しそうで…そんな姿を、昔から見ていました…

もしモデルを心から楽しみ、自分が何より輝ける場所はモデル業である、と思っていたならばアイドルに対する憧れを持つことはないと考えて良いでしょう。つまり、岡崎泰葉はモデル時代にアイドルを見て、その姿を追い、現状の自分から脱却するために今のプロデューサーと出会った、と考えるのが自然ではないでしょうか。

先ほどのイベントでグッドを出した際の台詞は「そんな憧れのアイドルになれて…私は今とっても幸せです…」。

アイドルたちが各々違う目的のためにアイドルになったとすると、「○○をしたいから(目的)、アイドルになった(手段)」という構文に当てはめることができます。岡崎泰葉を当てはめるとすると、「アイドルになりたいから、アイドルになった」というごく単純な構造になるでしょう。ある意味当然の話で、それがきっかけ?と思われるかもしれません。

初登場カードである衣装Rの時点での岡崎泰葉は、まだ自分がアイドルであることに自信がないことを明らかにする反面、芸能界にいた時間が長いのだから大丈夫、とプロデューサーを半ば突っぱねるような態度も見せます。しかしそれは不安の裏返しで、何度も何度も「アイドル」という単語を連ねてプロデューサーに自分のアイドルとしての姿を確認していることがサマーライブのエリアボス台詞からわかります。

アイドルマスターシンデレラガールズの世界観では、基本的にどのキャラクターもトップアイドルを目指すのが当たり前というような前提が出来上がっています。初期カードの時点で自分がアイドルであることは当然で、次の段階として「トップアイドル」を見つめているキャラクターが多い一方で、岡崎泰葉は「アイドルになる」という、一歩手前から物語を始めているように私には思えてなりません。

小さい頃から芸能界に身を置いてきた彼女だからこそ「アイドル」というものが彼女の中で大きい存在になっていた。「アイドルを目指すきっかけ」というものは岡崎泰葉にとって明確ではなく、あえてわかりづらい書き方をするならば「岡崎泰葉が岡崎泰葉だったこと」がそのきっかけと言えるでしょう。

岡崎泰葉は幼少より「お仕事に対する自分の気持ち」をうまく整理できずにいたのではないでしょうか。大人の言うことを聞くだけのキッズモデルの目から、輝くアイドルたちは「お仕事を楽しめている」、その点において何より泰葉の心をとらえた、と考えます。

「お仕事を楽しんでみたい」「私も輝きたい」その思いが彼女をアイドル事務所に向かわせたのだと思います。彼女にとって「アイドル」という存在は、自分の現状を打破できる理想だったのです。

小さい頃、キッズモデルをしながら芸能界という場所でアイドルを目指すきっかけを手に入れた彼女は、「自分の【理想像】である“アイドル”になるため」にアイドルになった、というのが私の結論です。

最初はちょっと不安だった…でも最近アイドルのお仕事が充実してきたの! モデルの頃よりお仕事が楽しくなってきたのかなって。この気持ち、プロデューサーにも伝わってますか?」(岡崎泰葉+ プロフィールコメント)